ちなヤク専

東京ヤクルトスワローズに特化したまとめサイトです。

 今月の人気記事 
    名称未設定-2  飯原若生むらn-2

    2016年01月

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 10:24:22.26 ID:hR9EFMW4a.net
    sakiya– ‏@sakiya6

    野球知らない人につば九郎ってどんなの?と聞かれて描いてみた。 大体こんな感じ。 …をより具体的にしてみた

    no title

    【ツイカス「野球知らない向けにつば九郎を描いた」】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/22(金) 08:38:42.91 ID:hVcsc0cid.net
     ヤクルトの西浦直亨内野手が21日、埼玉県戸田市内の2軍施設で自主トレを行った。
    20日に自主トレを行っていた米ハワイから帰国したばかり。20度近い気温差となる寒空の下、キャッチボールやノックで汗を流した。
     ハワイでは同僚の大引に弟子入り。藤井とともに「大引チルドレン」1号として、8日から1日7時間ほどに及ぶメニューをこなし、みっちり鍛え上げた。
    また生活面でもコンドミニアムを借りて一つ屋根の下。食事や洗濯などは大引の夫人による全面サポートを受け、練習に打ち込んだ。
     法大の先輩にもあたる大引との合同自主トレに、西浦は
    「基礎を大事に練習した。大引さんはレギュラーでずっとやってきた選手で、この時期に基礎をしっかりやるのは大事なことと認識できた」と充実の表情。
    またノックでの失策をしない姿に「何としてもつかんでやる、という気持ちが伝わった。
    そういう気持ちの強さは必要」と存分に「大引イズム」を吸収した。また技術練習に加え、公園でのランニングや砂浜ダッシュなどにも時間を割いた。
    上半身裸で走り込んだそうで「真っ黒に日焼けしました」と笑顔を見せた。


    【燕・西浦、「大引イズム」で定位置奪取だ!】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2016/01/29(金)11:44:45 ID:hwL
    真中監督が阪神との競合となった明大・高山俊の抽選で外れくじを「当たり」と勘違いし、話題となった昨年のドラフトでは、ヤクルトからその高山の「外れ1位」で指名されて入団。
    そんな経緯もあってか、原は自らを「12球団のドラ1で一番ヘボいんで」と自嘲気味に話す。
    「一番、能力ないですから。実際、(1位指名から漏れた中に)いいピッチャーがいっぱい残ってたじゃないですか。だから『ああ、もう2位以降か……』と思ってたんで、『あれ? オレ?』って(笑)」
    もっとも、彼には「実戦派」としての自負がある。
    「打者との駆け引きだったり、いろんな球種、球質とかで打ち取っていくのが自分のスタイル。『剛腕』とかじゃないんで、そのへんで勝負していきたいですね。
    実戦は昔からずっと積んできて、バッターと対戦しながら『対バッターのピッチング』というのを追い求めてやってきたんで。
    ストレートの勢いとかスピードにこだわりはないんでブルペンでは華がないですけど(笑)、そこは周りがスゴくても焦らずにやっていきたいと思います」
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160129-00010001-baseballc-base&p=2

    【ヤクルトドラ1原樹理「自分は12球団のドラ1で一番ヘボい」】の続きを読む

    このページのトップヘ